液晶ディスプレイ ACER AL1923td を修理する(2)
 先日の修理で無事使えるようにはなりましたが、残りのコンデンサも放ってはおけないので、アキバに調達に行きました。調達の前にもう一度ディスプレイをバラして使用コンデンサをリストアップします。
a0008202_117698.jpg
(右側が電源基板です)


 前回は何しろ年賀状が印刷できないという緊 急 事 態で、そんな余裕がなかったのです。ちょうどいいコンデンサが手持ちにあったのも単なる偶然なのです。

 とりあえずロジック基板(左側:緑の基板)のほうのコンデンサは目視で無事のようですし、ネット上の事例でも壊れたのは電源のコンデンサのみのようなので、電源基板(右側:ベージュの基板)のコンデンサのみ交換することとします。

・電源基板電解コンデンサ一覧
 -10V 470uF×1 → 日ケミKZH(ただし16V)
 -10V 1000uF×2 → (交換済)日ケミKZH(ただし16V)
 -25V 470uF×3 → 日ケミKZH
 -50V 10uF×1 → 日ケミKZE
 -400V 100uF×1 → 東信工業UTWHS

 また、今のところ交換の予定はありませんが、ロジック基板上のコンデンサの代替品も用意しておきます(主に日ケミ KME)。 KZH、KZEはマルツ、UTWHSは千石、KMEは鈴商で購入しました。
a0008202_1134385.jpg

 あとはまた分解して交換するだけ(涙)
a0008202_1211939.jpg

 これでいくらか安心して正月を迎えることができそうです。

#2014/8 追記
 修理後3年以上が経過したが、まだ現役で使っています。ロジック基板のコンデンサは結局交換していません。電源のコンデンサ以外はちゃんとした品質を持っていたようですね。
[PR]
by r34_gtt | 2010-12-26 01:24 | 活動(電気) | Comments(0)


<< USBコンセント? 液晶ディスプレイ ACER A... >>