Android powerpack(略してドロパック)(1)-構想編
 またまた随分間が空きました。

 最近、Android開発に興味がありまして、どうせやるなら模型に関係するものを。との思いでパワーパックを作ることにした。プラットフォームとしては、Androidにアクセサリ的なハードを追加するAOA(Android Open Accessory)というインターフェイス仕様に対応したICであるFT311Dを選びました。

 FT311DはAndroidに接続するだけで、GPIO, UART, PWM, I2C Master, SPI Master/Slaveのいずれかの機能を提供します。AOAに対応したチップは他にもありますが、FT311Dはチップ側のプログラミング無しでandroid側のプログラミングだけで上記機能を使えるのが特徴です。

 能書はともかく、まずはハード設計です。FT311DデータシートのPWMの場合の回路例ほぼそのままで、こんな構成で考えていました。
a0008202_013776.jpg


 キモとなるFT311DについてはFT311D Development Moduleという開発用ボードを使えば手っ取り早いのですが、コスト削減のためにチップ単体でRSオンラインから購入しました
 しかし無事FT311Dを手に入れ、秋月のTQFP(LQFP)32ピン(0.8mmピッチ)変換基板にFT311Dをはんだ付けしたあたりで気づいたのですが、FT311DのPWM出力周波数は最大1KHzでした… orz
 コアレスモーターの駆動も考えると、やはり市販のPWMパワーパックのように20KHz以上のPWM周波数が必要でしょう。

 このくらいであきらめるわけにはいかない! FT311DはGPIO, UART, I2C, SPIといろいろな通信手段があるのだから、何か手はあるはず。Googleとの相談が始まりました。

(続く)
[PR]
by r34_gtt | 2013-03-14 22:14 | 活動(電気) | Comments(0)


<< 100均シガーライターUSB充... マイクロエース キハ72系「ゆ... >>