ドロパック(2)-調達編
 20KHz程度の周波数のPWM出力をするためにGoogleとの格闘の末に見つけたのが、ルネサスのPWMジェネレータR8A66173SP(以下66173)というICでした。

 66173はシリアル通信でコマンドを送ることにより12bit分解能(4096分解能)、最大PWM周波数32KHzのPWM信号を4チャンネルまで作れるICです。
 この種のICはLED制御用などに各種出ていますが、LED制御用だとPWM周波数が低いものが多く、また66173のように外付けのオシレータで自由にPWM周波数を設定できるものは少ないようでした。
 それに66173は機能がシンプルなため、コマンドも分かりやすくて使いやすそうでした。

 しかし、66173は圧倒的に入手性が悪く、名だたる電子部品販売サイト(たとえばDigikey, Mouser, RS online, chip1stop etc.)でさえ売っていない。無理すれば買えなくもなかったが、「1個800円で25個から」などという厳しい条件でした。

 海外のBtoB電子部品一括見積サイトにまで手を伸ばしましたが、「なんで日本のメーカーの部品なのに日本で買わないの?」と香港の商社のお姉さんからメールで突っ込まれる始末で、「おれは海外通販をしたいんじゃない」と心が折れそうな日々でした。

 で、紆余曲折の末、タオバオで"R8A66173SP"で検索したら出るわ出るわ。
 そこで会社の中国人の方にお願いして代行購入してもらいました。1個80円くらい。もともと1個90円くらいだったのだけど、交渉してディスカウント(送料もまけてもらった)するのは当たり前らしい。文化の違いですね。5個で500円くらいで買えました。
 あと、驚いたのがそのレスポンス。会社の人がタオバオで検索して、2つの売主とチャットみたいなやつで交渉して、話がまとまるまで10分もかかりませんでした。

a0008202_2158068.jpg

超苦労して手に入れた66173(とaitendo変換基板


 66173は同期シリアル通信が必要なので、FT311DをSPI Masterモードで使用することにして、次のような構成に変更しました。いよいよ製作に入っていけそうです。
a0008202_2158419.png


(まだ続く)
[PR]
by r34_gtt | 2013-03-27 22:21 | 活動(電気) | Comments(0)


<< ドロパック(3)-開発編-1 100均シガーライターUSB充... >>