(家の)電気いじりいろいろ
電気関係の作業は色々やりました。

感触が怪しいスイッチや口数が足りないコンセントはPanasonicのコスモシリーズワイド21の物に交換。
a0008202_142441.jpg


お風呂の換気扇スイッチはタイマースイッチ(Panasonic WN5294)に。
a0008202_1424850.jpg

これもコスモシリーズワイド21にしたかったのだが、WN5294と同等のものがあえなく廃版(WTC53946W)。
後継品WTC53935Wはやたら細かくタイマー時間が設定出来るのが気に食わないので却下。

シーリングライトはほとんど新規購入する必要がありました。この際だし、値段も安くなったLEDシーリングライトに。
リビングは光量の大きい10畳用の東芝 LEDH91044-LC(光色(白色⇔電球色)、明るさの調整機能付き)、その他はシンプルな6畳用のPanasonic HH-LC464N(明るさの調整機能付き)。前者は7千円台、後者は4千円台で入手できたので、蛍光灯シーリングライトに比べてもバカ高ではありませんでした。
a0008202_0382799.jpg
(なんとなくカバーなしでHH-LC464Nを点灯させてみた)


常夜灯機能付き電球型LED(Panasonic LDA9LGKURKW)が届いたので階段の照明に取り付け。
a0008202_23463992.jpg

a0008202_23463444.jpg

この電球型LEDはスイッチをつけた後(この時点で全開で光る)に、パチパチとスイッチをOFF⇒ONする事で常夜灯として弱く光ります。既存の設備に何ら手を入れる必要が無くて便利です。(LEDシーリングライトたちにも似た機能があります)
ただ、一般的な電球は全長98mmくらいであるのに対し、このLEDは全長114mmと長いので、この照明器具だと少し頭が出ちゃいます。

トイレはウォシュレットシャワートイレ 東芝 SCS-T92を取り付け。汚い話ですが、シャワートイレを自分で取り付ける際の最大の障壁は古い便座の普段磨けない所に入り込んだ汚れでした。
a0008202_0272775.jpg


火災報知機はハネウェルジャパンの煙式 けむりde警報 (HS-JV2)を安価に手に入れられたので、リビングや寝室など5個設置。
a0008202_2346422.jpg

天井の下地材を探すのが面倒だし、火災報知機は100g程度と軽い物なので、石膏ボードアンカーを使用して取り付けました。台所のための熱式を1個調達してこないと。

まだまだ家の外構には手を入れなくてはいけないところが山盛りで、ネタは尽きそうにありません。
[PR]
by r34_gtt | 2014-10-28 00:48 | 活動(電気) | Comments(0)


<< 塀のペンキ塗り センサーライトを改造する >>