日産車の診断用コネクタからデータを読む
 めずらしく説明的なタイトルだw 日産車に限らず、最近の普通の車は不具合の解析などに使用される通信線を持っている。この線はECU(車のコンピュータ)につながっており、たいていメーターの下あたりにコネクタを持っている。ここに機械wをつないでECUに「データおくれ」と頼むと「はいよ」といろんなデータを送り返してくれる。
 で、日産車用のこのCONSULTと呼ばれる通信のプロトコル(通信手順)を解析したエラい人のサイトがこちら。スピードとかエンジン回転数とか水温とかの情報が取れるそうです。
doggie's Home
 その情報を使って、データ表示させてみたり、表示ソフトを紹介されてるのがこちらのサイト。
tam network's Website の中 CONSULT DIY

 うひょ~! おもしろそう! いっちょ作ってみるか。
 なお、最近の車の診断用(本当は診断だけではないが)通信ははOBD-IIおよびそれを改良したCANという全メーカー共通規格化がされているようです。そっちの情報へのリンクが多いのがこちらのサイト。
Garage In-take! の中 コンサルト
[PR]
by r34_gtt | 2006-01-13 13:11 | ネタ | Comments(0)


<< 鉄コレ第2弾テストショットキター!! 焼酎バー「壱岐」で飲む。 >>