<   2009年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
自転車のタイヤ交換
 どうもお久しぶりです。公私共に忙しく、なかなか書き込めませんでした。

 今日は割と余裕があったので、課題を解決するために朝から工具を持って部屋を出ました。それは…
a0008202_15562966.jpg

 自転車のリアタイヤ交換のためです。1ヶ月ほど前からなんだかゴツゴツとした乗り心地の上、タイヤがヨレている感触があり、タイヤを見てみたところ…
a0008202_1557521.jpg

(クリックすると大きくなります)

 タイヤが裂けちゃってました。それも2箇所。まあこのチャリを買ってから2年くらい、ずっとエア圧高めで乗っていたので仕方ないでしょう。溝もツルツルになっていたのでタイヤとチューブセットで千円のものを買ってきました。他に用意したのは
 ・15mm ラチェットレンチ
 ・8, 10mm ソケット、レンチ
 ・+,- ドライバ
 ・ベビーパウダー
 ・タイヤレバー
あたり。
a0008202_1622898.jpg

 15mmのレンチというのが曲者で、15mmなんて使うのはこの自転車のハブナットくらいのもの。ダ○ソーで300円出して買ってきました。
a0008202_1642368.jpg

 自転車の下に敷いたダンボールに適当にメモりながらバラしていきます。
a0008202_1654369.jpg

 安物のチューブ(タイヤとチューブセットで千円だから、まさしく安物です)だと、タイヤ粉が十分に使用されていない場合があります(このチューブはまさしくそう)。
 チューブを触ったことがあれば、ヤケにツルツルしたイメージがあると思いますが、その正体がタイヤ粉=タルク(滑石)=ベビーパウダーです。このタイヤ粉が足りないとタイヤとチューブが貼り付き、パンク修理時にチューブが外れなかったり、乗り心地が悪くなったり、良いことはない。
 新しいチューブに少し空気を入れ、ベビーパウダーを手に落とし、薄く、まんべんなくチューブにベビーパウダーをつけておきます。ちなみに元のタイヤとチューブはしっかり張り付いておりました。

 新しいタイヤとチューブを組み付けて元に戻したら完成です。久しぶりにこういうことやると、手際が悪くっていけませんね。
[PR]
by r34_gtt | 2009-10-31 16:17 | 日記 | Comments(0)
マイクロエース貨車のKATOカプラー化
 以前にマイクロエース貨車のカプラー取付部をKATO貨車の物に置換えるその2)作業を行いましたが、最近ネタとして使うKATO貨車を手に入れたので再度ボチボチ進めています。シンキョーカプラー化も以前に紹介しましたが、やはり安定性と連結間隔がイマイチなので。。。

 ついでに施行方式と連結間隔の見直しを行いました。以前はKATO貨車のカプラー取付部(以下取付部)をマイクロ貨車床板に接合していましたが、カプラー高さにバラつきが出やすかったし、やや高さが低めでもありました。少し段差をつけて接合するなども試してみましたが、面倒くさかったのです。
 マイクロ貨車をよく見ると、ウエイトが床板から少々浮いて(およそ0.3mm)固定されています。それならウエイトに取付部を接着してしまえばちょうど良い高さになりそうだし、作業も簡単そうです。

 連結間隔については、各メーカーの貨車を混結するとバラバラになってしまいます。今回、何か基準を作って統一感を出してみようと考えました。ボディ(妻面中央付近で一番出っ張っているところ)から連結器先端までの長さをざっくり測ってみた所…

 KATO ワラ1 4.5mm
 KATO レ12000 3.5mm
 TOMIX 旧ワム80000 5.3mm
 TOMIX 新ワム80000(ナックルカプラー) 4mm
 マイクロ ワム70000+KATO取付部 2.9mm
 (マイクロ ワム70000(シンキョーカプラー) 4.7mm)
a0008202_192586.jpg

 まあ見事にバラバラですが、3.5~4mmあたりを目指せばいい感じになりそうです。以前のKATO取付部使用のときはやや短すぎですね。これでカーブなどで不具合があったわけではないし、普通はできるだけ間隔を詰めるところですが、他メーカーと混結したときにいい意味で普通に見えるのも大事だと思い、今回は3.5mmあたりを目指すことにしました。

 工作としては別に難しいこともないです。取付部を切り出して整形。0.6mmくらい連結器を突き出すためにカットしています(左)。
a0008202_19261278.jpg

 床板を取付部に合わせてカット。
a0008202_19263070.jpg

 床板にウエイトを取り付けて、取付部をウエイトに接着します。
a0008202_1926556.jpg

 カプラー高さも良好です。
a0008202_1929540.jpg

 カトカプがボディに当たるので、妻板下部をカット。今回、このカット幅も3mmに揃えました。カット深さは車種によって異なります。

 TOMIX レム5000+マイクロ ワム70000+KATO ワラ1で連結した様子です。意図通り連結間隔がかなり揃っています。
a0008202_192947100.jpg


 マイクロ貨車のカトカプ化はシンキョーカプラー化でお茶を濁す形で中断していましたが、「連結間隔を揃える」という新たな意義を得て推進していく気になりました。
 こうなるとKATOのワラ1やTOMIX 旧ワム8が気になりますね。。。
[PR]
by r34_gtt | 2009-10-11 20:48 | 活動(鉄) | Comments(0)