<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
TOMIX DD54にKATOのスカートを取り付ける(3)
 ずいぶんかっこ良くなったので気分が良くなってしまい、もう少しいじってみることにしました。
a0008202_21135958.jpg

 ヘッドライトは昔のでっかい5mm砲弾型LEDをムリして削ったものを使用していたので、常点灯化と合わせてLEDはHRDのHWLH-A32A-32に交換しました。明るさが元のLEDとは段違いなのでCRDは15mA(前は15mA×2で30mAかけていた)にしています。
 このHWLH-A32A-32はすごく明るいLEDですが、この車両の導光はかなり効率悪いので、まぶしいほどにはなりません。
a0008202_2114241.jpg

 色入れは車体継ぎ目ゴム(明灰白色)と正面窓下手すり(白色)を入れただけですが、継ぎ目ゴムはかなり目立つのでやる価値が高いと思います。手すりの塗装もだいぶ傷んでいたのでいい機会だったと言えるでしょう。

 KATOのDD54にはやはり「出雲」でも引いてもらって、旧客を引いたこのTOMIX DD54とすれ違う姿を実現してみたいです。貸しレイアウトもずいぶん行ってないな。
[PR]
by r34_gtt | 2010-10-25 21:22 | 活動(鉄) | Comments(2)
TOMIX DD54にKATOのスカートを取り付ける(2)
 引き続いて、手すりと解放テコを取り付けます。
a0008202_1647573.jpg

(クリックすると大きくなります)

 手すりはライトケースの両脇に、3.5mm間隔くらいで0.5mmの穴を開けて取り付けます。穴の左右位置はライトケースギリギリという基準だけで開けました。
 解放テコは同様に0.5mmの穴を7mm間隔、高さは目分量で開けました。
 いずれの穴も0.4mmのほうがジャストサイズかもしれません。

 また、ボディ内側に手すりや解放テコの足が飛び出るので、少し動力ダイキャストを削っています。足の固定はゴム系接着剤です。

 ちょっと手すり穴がズレているところもありますが、これならKATOのDD54と並べてもそうひどい違和感はないかと思います。
 こうして拡大して見ると、結構塗装が傷んできてますね。色差しとLEDの交換もやろうかな。

追伸:台車をカットした画像を載せていなかったので追加します。
a0008202_17201941.jpg

 こんな風に大胆にカットしないとR280に対応できません。スカートの裏側も少し削ったほうがよりベターです。
[PR]
by r34_gtt | 2010-10-24 16:57 | 活動(鉄) | Comments(2)
TOMIX DD54にKATOのスカートを取り付ける
 先日、KATOのDD54を購入しましたが、このASSYパーツである「Z07-2991 DD54ブルトレ解放テコ/手スリ」と「7010-1C3 DD54ブルトレ カプラーセット」を手に入れました。
a0008202_21452659.jpg

 TOMIXのDD54に使用してグレードアップを図ります。

 まずはカプラーセット(スカート)のほうから取り掛かりました。
a0008202_2281383.jpg

 あれこれ考えましたが、あれこれ考えても始まらないので、まずは固定爪やヘッドマーク固定磁石の部分を切り取ってしまいます。この後上面をヤスって均します。
a0008202_2281537.jpg

 固定方法は元のスカートの固定爪を利用することにしました。接着面積を稼ぐために少し平面部を残します。
a0008202_22314576.jpg
(クリックすると大きくなります)

 スカートと固定爪を接着し、あちこち削ったり足りない分をプラ板で補ったりします。赤い点の部分も動力ユニットに干渉するので少し削ります。動力ユニットのダイキャストも少し削らないと固定爪が入らないので側面を削ります。
a0008202_22334025.jpg

 取り付けた姿がこんな感じです。この削った5mm砲弾型電球色LEDも交換しないと。ここでボディをかぶせると…
a0008202_22472992.jpg

 カプラーが低い orz まあ、途中からわかってはいたのですが、KATOのほうが若干腰高なのです。
 寸法調整はうまくいっており、違和感無く収まっています。仕方がないので、カプラーをかもめナックルに交換して少し上げます。
a0008202_22495755.jpg

 これなら許容範囲でしょうか。スノープロウがかなり低いので線路と接触しないかが若干心配です。
a0008202_22515759.jpg
(クリックすると大きくなります)

 想像以上に大変でしたが、カッチリ取り付けた姿を見ると思わずニンマリです。
[PR]
by r34_gtt | 2010-10-20 22:54 | 活動(鉄) | Comments(0)
KATO DD54を買った
 DD54はとても好きな車両の一つです。その中でもブルトレ牽引機は短い活躍期間の中の華と言えるかと思います。KATOのDD54 ブルートレイン牽引機は迷いなく購入してきました。
a0008202_23251018.jpg
(クリックすると大きくなります)

 ボディの出来の良さもさることながら、走りもかなりスムーズで、長いころのKATO EF65に匹敵すると思います。

 ライトは例によってTOMIX常点灯方式では走り出すまで点灯しませんが、点灯するとすごく明るい…というか、明るすぎです。
 いつものように常点灯対応しましたが、5.6mA CRDでも明るすぎます。チップCRDはそれ以下のものは持っていないため、LEDに並列に抵抗を接続して電流を減らします。
a0008202_23251610.jpg
(クリックすると大きくなります)

 白色LEDのVfは3.3Vくらいですから、並列に1KΩの抵抗を接続すればI=3.3/1000で3.3mAが抵抗に流れることになり、2.3mAがLEDに流れることになります。これで(個人的には)適当な明るさになりました。

 ライトいじりをしていて気になったのが、ボディからの動力の外し方です。普通のKATOの機関車では運転台あたりのボディ下から細いマイナスドライバでも突っ込んで外すところですが、DD54では台枠があるのでそうもいきません。
 とりあえず竹の耳かきをボディと台枠の間に突っ込んでバラしていますが、あまり気持ちのいい方法ではないですね。

 TOMIXのDD54も古い割には出来の良い好製品です。プロトタイプがKATOと異なるので、こちらにはこちらの価値があります。KATOのDD54の手すりなどのパーツを使ってグレードアップしてやりたくなりますね。
[PR]
by r34_gtt | 2010-10-09 23:36 | 活動(鉄) | Comments(0)
さようなら、西鉄2000形
 仕事がエライことになって、また1か月以上開いてしまいました。

 その間に、西鉄のエースだった2000形の引退スケジュールが決まってしまいました。

 西鉄天神大牟田線2000形車両の運用終了について (PDF)

・「2000形さよなら運行」
 平成22年9月25日(土)~10月16日(土) 主に福岡-花畑間の急行

・「さよなら2000形記念乗車券」の発売
 平成22年9月25日(土)~ 1,000部限定発売(既に完売)

・「さよなら2000形貸切ツアー」
 平成22年10月17日(日)

・「電車まつりでの最終展示」
 「さよなら2000 形貸切ツアー」終了後、当日開催する電車まつり会場にて2000 形車両の最終展示

 オカンに頼んで記念乗車券を買ってもらったところ、なんと即日完売だったとのこと。1000部はちょっと少なすぎでしょう。。。
a0008202_1104549.jpg


a0008202_1105061.jpg

 このように「2000形登場時復刻版カタログ」仕立てになっています。

 思えば、「電車に乗って天神に行く」ということを、この2000形が少し非日常の領域に引き上げてくれていた時代がありました。3扉になってしまった後も、急行で2000形が来るとなんとなくうれしかったものです。

 ここまで身近なあこがれだった車両が引退するのは初めてです。引退前に一目見たかったな…
[PR]
by r34_gtt | 2010-10-02 11:25 | 日記 | Comments(0)