<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
USBコンセント?
 その後、IS01は2chビューワ兼メディアプレイヤー兼ブラウザ兼メモ書きマシンとして、すっかり定着しました。壊れたらいやなので、2台目も入手してしまいました。

 そこで気になったのが充電環境。ガラケーとIS01、NDSなどを同時に充電すると、コンセントに4台のACアダプタが刺さることになって不合理はなはだしい。
 安価に買えるUSB充電ケーブルを使って、充電するためだけのUSBハブみたいなもの、すなわち「USBコンセント」が欲しいと思った。そういう製品(バッファローコクヨの製品)もあるようだが、わざわざ買うほどの物ではないと思うし、「8円生活」にはなじまないので、なにか利用できそうなものは…

a0008202_23562397.jpg

 あっ!

 じゃあこれでw 手元に5V 3AのACアダプタがあったので、これと組み合わせて使います。

a0008202_23584648.gif

 回路図風の表現をするとこんな感じです。 電源とポリスイッチだけですね。基板上の部品はUSBコネクタ以外全部取っ払ってしまいました。

 ポイントとして、UCS対応?(大げさ)として、900mAまで流せるポートを2つ設けました(残り2ポートはガラケーなど充電用で500mA)。IS01やXperiaがUCSに準拠している(らしい)ためです。
 UCS(Universal Charging Solution)とは共通充電器規格としてEUなどが推進しているもので、いろいろ規約がありますが、主な所で言うとこんな感じ。
 -5V 850mA以上の電流供給能力
 -電源側コネクタはUSB-A、端末側はmicroUSBで、+D端子と-D端子はショートしておく(これで端末側が「本当のUSBじゃなくてUCS充電器に接続されているな」と認識できる)

 ほかに類似規格として中国政府が制定した新規通信業界標準における充電器規格やUSB-IFが制定したBattery Charging Specificationがありますが、電源供給能力の差があるくらいで、基本的には同じです(こちらの記事がわかりやすい)。

 IS01の充電にはXperia用充電・通信ケーブルを使っています。アキバで150円でした。通信ケーブルを使うことで、ハブ側で行っている+D-Dショート(回路図で2-3ピン間が直結してあるのがそれ)が効いて(IS01がUCSと認識して)充電可能となります。

a0008202_23562790.jpg

 こんなものでもコンセント周りがすっきりします。「こんなもの」も活用できて一石二鳥です。
[PR]
by r34_gtt | 2010-12-28 00:12 | 活動(電気) | Comments(0)
液晶ディスプレイ ACER AL1923td を修理する(2)
 先日の修理で無事使えるようにはなりましたが、残りのコンデンサも放ってはおけないので、アキバに調達に行きました。調達の前にもう一度ディスプレイをバラして使用コンデンサをリストアップします。
a0008202_117698.jpg
(右側が電源基板です)


 前回は何しろ年賀状が印刷できないという緊 急 事 態で、そんな余裕がなかったのです。ちょうどいいコンデンサが手持ちにあったのも単なる偶然なのです。

 とりあえずロジック基板(左側:緑の基板)のほうのコンデンサは目視で無事のようですし、ネット上の事例でも壊れたのは電源のコンデンサのみのようなので、電源基板(右側:ベージュの基板)のコンデンサのみ交換することとします。

・電源基板電解コンデンサ一覧
 -10V 470uF×1 → 日ケミKZH(ただし16V)
 -10V 1000uF×2 → (交換済)日ケミKZH(ただし16V)
 -25V 470uF×3 → 日ケミKZH
 -50V 10uF×1 → 日ケミKZE
 -400V 100uF×1 → 東信工業UTWHS

 また、今のところ交換の予定はありませんが、ロジック基板上のコンデンサの代替品も用意しておきます(主に日ケミ KME)。 KZH、KZEはマルツ、UTWHSは千石、KMEは鈴商で購入しました。
a0008202_1134385.jpg

 あとはまた分解して交換するだけ(涙)
a0008202_1211939.jpg

 これでいくらか安心して正月を迎えることができそうです。

#2014/8 追記
 修理後3年以上が経過したが、まだ現役で使っています。ロジック基板のコンデンサは結局交換していません。電源のコンデンサ以外はちゃんとした品質を持っていたようですね。
[PR]
by r34_gtt | 2010-12-26 01:24 | 活動(電気) | Comments(0)
液晶ディスプレイ ACER AL1923td を修理する
 久々の投稿です。皆様いかがおすごしでしょうか?

 年末も近づいてきましたが、そんなときに限って液晶ディスプレイの電源が入らなくなってしまいました。電源インジケーターLEDさえ光らず、全くの無反応です。
 以前から同症状は出ていたのですが、コンセントの抜き差しでなんとかなっていました。こういう症状の時は、典型的な電源不良です(<わかっているなら早く治せw)。完全にどうにも電源が入らなくなったので、重い腰を上げて分解します。
a0008202_13233993.jpg
 製造は2006年3月のようですが、購入したのは2007年4月、使用後3年半しか経っていません。

 裏側のねじ6本を外した後、爪で止まっている裏蓋を外したところ。
a0008202_1255890.jpg
 この後、中心の電源+制御基板部に接続されている各種ケーブルを外し(CCFL、スイッチ基板。スピーカーだけはスピーカーを本体から外す)、電源+制御基板部をねじ4本を外して分離し、さらに液晶パネルへのケーブルを外します。

 そのあと、鉄製カバーから基板を外して眺めてみたところ…
a0008202_12571572.jpg
 予想通り、電源基板上の10V 1000uFケミコン(CapXon)が2個もっこりしています。
a0008202_12571893.jpg
 幸い手元にこの手の用途に最適な日本ケミコンのKZHシリーズ16V 1000uFが2個あったので、これと交換しました。

 あとは組み上げて電源ON! 無事復活です。

追伸:その後、「al1923 コンデンサ」でググると同例多数の模様。今回交換したヤツ以外のコンデンサも駄目になるようなので、近日中に交換します。

→残りのコンデンサも交換しました。
 液晶ディスプレイ ACER AL1923td を修理する(2)
[PR]
by r34_gtt | 2010-12-19 13:00 | 活動(電気) | Comments(0)