<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
CCR(定電流レギュレータ)を試す
 ずいぶん寝かしておいたネタですが、やっと重い腰を上げてupします。よっこいしょ。

 秋月の新取扱い商品としてON SemiconductorのCCR(Constant Current Regulator:定電流レギュレータ)が載った時は「CRDの別メーカー品だろう」と思い、全く気にしていませんでした。

 しかし、しばらくして商品説明を見ると「…定電流ダイオード等と比較して定電流を得るための電位差が小さく済みますので、…」なとと書いてあるではないか。しかも10個で200円と安い。とりあえず15mAのCCR NSI45015WT1Gを買ってきて自作のKATO用室内灯に組み込んでみました。緑の矢印の先のやつがそれです。見た目とサイズはチップCRDとほぼ同じ。
a0008202_05401.jpg


 電圧制御パワーパックで電圧-電流の特性を測ってみます。比較対象として、LEDドライバBCR401Wを使用した自作品(図中“BCR401W”)、CRDを使用した自作品(図中“CRD”)、KATOの旧室内灯(図中“KATO(旧)”)、KATOの新室内灯(図中“KATO(新)”)、そしてCCRを使用した自作品(図中“CCR”)です。
a0008202_0245464.png
(クリックすると大きくなります)

 電流の立ち上がり特性はBCR401Wとそっくりです。鋭く立ち上がり安定域に入るのが早いです。また、15mA品なのに12mA程度しか流れませんでした。

 小電流のものが無いのがちょっと不便ですが、CRDより値段は安いし、2端子で使いやすいし、これからはチップCRDを買うことはなくなりそうです。
[PR]
by r34_gtt | 2013-07-11 23:47 | 活動(鉄) | Comments(0)
ドロパック(5)-調整編
 一応鉄道模型を動かせるようにはなり、ケースも準備できているのですが、一つ困ったことがアレです。

 JS1 Hのアナログジョイスティック部分をポテンショメータ(ボリューム)に交換したとすると(アナログジョイスティックは縦と横それぞれにポテンショメータがあるようなもの。参考:秋月で売ってるアナログジョイスティック部品のデータシート)、回転と取得値の対応がおかしいのです。
a0008202_015061.png
ボリュームの回転角とJS1 Hから送ってくる値の対応(厳密なデータではない。以下同様)

 回転始めと終わり、それに中間部分で回転させても取得値が変化しない部分があります。アナログジョイスティックの用途に合わせたものと思われるが、模型を運転する際には不都合です。

 夢の中で対策を考えてみる。回転始めと終わりの不感帯は↓このようにバイアス抵抗?的な抵抗を入れればキャンセルできる。簡単だ。
a0008202_23221097.png

a0008202_015479.png

 さて、真ん中の不感帯はどうするか。。。 

!ピコーン

 今は元のアナログジョイスティックで言うX軸入力しか使っていないが、Y軸入力と組み合わせればなんとかなるのではないか。つまりこんな感じにX軸とY軸を2連ボリュームとして、バイアス的抵抗を変えれば、X軸とY軸の不感帯がずれるので、X軸の不感帯ではY軸の値を使えばいい。

a0008202_026489.png

a0008202_015888.png


 こういうことを考えているとなかなか完成しないのですが、これも楽しみの一つ(だと思うことにします)。

 それに、JS1 Hの改…もにょもにょに失敗しても大丈夫。近所のディスカウントストア ジェーソンでJS1 Hが1個399円だったので、4つも買ってきましたw
[PR]
by r34_gtt | 2013-07-03 23:47 | 活動(電気) | Comments(0)