(家の)電気いじりいろいろ
電気関係の作業は色々やりました。

感触が怪しいスイッチや口数が足りないコンセントはPanasonicのコスモシリーズワイド21の物に交換。
a0008202_142441.jpg


お風呂の換気扇スイッチはタイマースイッチ(Panasonic WN5294)に。
a0008202_1424850.jpg

これもコスモシリーズワイド21にしたかったのだが、WN5294と同等のものがあえなく廃版(WTC53946W)。
後継品WTC53935Wはやたら細かくタイマー時間が設定出来るのが気に食わないので却下。

シーリングライトはほとんど新規購入する必要がありました。この際だし、値段も安くなったLEDシーリングライトに。
リビングは光量の大きい10畳用の東芝 LEDH91044-LC(光色(白色⇔電球色)、明るさの調整機能付き)、その他はシンプルな6畳用のPanasonic HH-LC464N(明るさの調整機能付き)。前者は7千円台、後者は4千円台で入手できたので、蛍光灯シーリングライトに比べてもバカ高ではありませんでした。
a0008202_0382799.jpg
(なんとなくカバーなしでHH-LC464Nを点灯させてみた)


常夜灯機能付き電球型LED(Panasonic LDA9LGKURKW)が届いたので階段の照明に取り付け。
a0008202_23463992.jpg

a0008202_23463444.jpg

この電球型LEDはスイッチをつけた後(この時点で全開で光る)に、パチパチとスイッチをOFF⇒ONする事で常夜灯として弱く光ります。既存の設備に何ら手を入れる必要が無くて便利です。(LEDシーリングライトたちにも似た機能があります)
ただ、一般的な電球は全長98mmくらいであるのに対し、このLEDは全長114mmと長いので、この照明器具だと少し頭が出ちゃいます。

トイレはウォシュレットシャワートイレ 東芝 SCS-T92を取り付け。汚い話ですが、シャワートイレを自分で取り付ける際の最大の障壁は古い便座の普段磨けない所に入り込んだ汚れでした。
a0008202_0272775.jpg


火災報知機はハネウェルジャパンの煙式 けむりde警報 (HS-JV2)を安価に手に入れられたので、リビングや寝室など5個設置。
a0008202_2346422.jpg

天井の下地材を探すのが面倒だし、火災報知機は100g程度と軽い物なので、石膏ボードアンカーを使用して取り付けました。台所のための熱式を1個調達してこないと。

まだまだ家の外構には手を入れなくてはいけないところが山盛りで、ネタは尽きそうにありません。
[PR]
# by r34_gtt | 2014-10-28 00:48 | 活動(電気) | Comments(0)
センサーライトを改造する
夜中に階段を上り下りするときに照明を点けるのはめんどくさいし、明るさも過剰だと思っていた。
常夜灯を取り付ける適当な場所もないし、適当な電池式のセンサーライトを付けてみることにした。

手ごろな値段の製品で秋月で売っているIntelligent LEDライト(単4乾電池付)を購入してみた。
a0008202_0481089.jpg


これはアリガチな焦電型赤外線センサとCdSを組み合わせたセンサーライトで、明るいときには動作せず、暗いときに1~2mくらいに人が近づくと20秒ほど白色LEDが点灯するという代物だ。秋月らしく技術資料が付いてくるので、いじるときに便利そうだ。

感度に関しては申し分なかったが、照射範囲が正面なのがニーズに合っていない。階段を下りる時に検知して階段を照らしてほしいので、LEDの取付位置を変更するとともに、LEDは日亜のNSSW157T(なんと今なら10個増量中で20個で200円!)にした。LEDの配置が非対称なのは取付位置と照射範囲の都合からだ。
a0008202_048789.jpg


改造した結果、希望通りに階段を降りるときに下まで照らしてくれるようになった。
a0008202_048574.jpg

今、廊下の照明を常夜灯機能付きLED電球(Panasonic LDA9LGKURKW)にしようとしているが、このセンサーライトもそれなりに役立ってくれることでしょう。
[PR]
# by r34_gtt | 2014-10-15 01:02 | 活動(電気) | Comments(0)
浄水器が取り付けできない水栓に無理矢理取り付ける
ネタが貯まっているのでどんどん行きます。

引っ越してすぐに直面した問題が、キッチンの水栓に浄水器が付かないこと。
a0008202_0504549.jpg

a0008202_0504160.jpg

我が家のキッチンの水栓はLIXILのシングルレバー水栓SF-E546SY。浄水器はクリンスイの蛇口直結型CSPX。
水栓のタイプではクリンスイの取り付け方法で言うと「泡沫水栓(外ネジタイプ)」なのだが、泡沫金具が水栓にもぐりこんだ形状となっている。このため取り付けアダプターの「泡沫用リング(外ネジタイプ)」の径が大きくて泡沫金具を外した所に取り付け出来ない。

a0008202_0503529.jpg

なんとかするために探しに探して見つけたのかが、カクダイ泡沫水栓用アダプター0782だ。
これは泡沫水栓の泡沫金具の代わりに取り付けることで(古典的な)蛇口の形状とするアダプターだ。
本来は泡沫水栓にビニールホースをつなぐのに使用するようだが、これにより丸型蛇口用の取り付け方法で浄水器を取り付けることができる。

これにたどり着くのが大変だった。水周りのネジやパイプなどの規格は各社バラバラの上、同じ物でも呼び方が色々あったりでムチャクチャだ。

また、このアダプターと同種・類似の物は他社からも売られているが、カクダイの物が安価で良い(元々カクダイのOEMではないかな…)。
また、先端が丸くではなくカクカクとふくらんでいる物(具体的に言うと三栄水栓のPT35-1-13だが、商品に罪はない)もあるが、それは(少なくともクリンスイの取り付けアダプターは)抜けてしまうのでダメだ(実は買って失敗した)。

a0008202_0503021.jpg

a0008202_0502645.jpg

後は泡沫金具の代わりに回転リングと丸型蛇口用のアダプターを付けた0782をねじ込み、クリンスイを取り付けるだけ。
この取付方法では本来の「泡沫水栓(外ネジタイプ)」の取付方ほどがっちりは付きません(浄水器が回ってしまう)が、実用上ではあまり支障ありません。
[PR]
# by r34_gtt | 2014-10-10 16:45 | 活動(家) | Comments(2)
緊急に地デジアンテナを自作する
お久しぶりです。
(古い家を買ったので)ネタは山ほどあるのですが、忙しくてupできていません。

ボチボチとupしていきたいと考えていますが、まずは直近のネタでテレビアンテナの自作?です。

我が家のテレビアンテナは普通の屋根上の八木アンテナだけど、最初からイマイチな調子だった。明らかに東京タワーの方を向いているし… 先住人はケーブルテレビと契約していたようだ(ナゾのアンテナ線がある)。

そうこうしているうちに、先日の台風18号の後、全局が映らなくなってしまった。修理するにも、さすがに屋根上に登るのは恐い。

しかしここはスカイツリーから10km程度で強電界地域。二階からはスカイツリーが目視できるし、適当な自作アンテナでも受信出来るのでは?と考えた。自作アンテナで受信できれば、後でゆっくりまともなアンテナを付ければよい。

a0008202_0511286.jpg

まずは緊急対応として超簡単なダイポールアンテナをこしらえた。13.5cm程度に切った1mm真鍮線2本と適当なアンテナ線、あとはダンボールの切れ端と養生テープ、画鋲で構成されているw

設置場所は、木造二階建て住宅の一階室内、スカイツリーとは反対側の壁だ(面としてはスカイツリーの方角にほぼ向いている)。こんな人をナメたアンテナでも地デジが受信できた! が、全局は無理だ。設置場所により、受信出来る局、出来ない局が変わる。眠くなったので、NHK(と日テレ)が受信出来る位置に固定して寝た。

このままではプリ○ュアや妖怪ウ○ッチが見れないので子供たちから恨まれてしまう。父の威厳にかかわる一大事だw アンテナの帯域を上げる手っ取り早い手として、アンテナの表面積を増やすことにする。
a0008202_051999.jpg

先のダイポールアンテナののダンボールの表面に13.5cmに切ったアルミテープを貼った。真鍮線は養生テープでアルミテープに接しているだけ。こんなのでマシになるか?

a0008202_051554.jpg

改良型ダイポールアンテナでは、全局の受信レベルは45~55となり、TOKYO MX以外の全局が安定して受信出来るようになった。受信レベルが高いわけではないのでずっとこのまま使う気はないが、父の威厳は保たれた。

このアンテナでこれだけ受信出来るのだから、二階のスカイツリー側の外壁に強電界用平面アンテナを自分で取り付ければ十分となりそうです。
[PR]
# by r34_gtt | 2014-10-10 15:10 | 活動(家) | Comments(0)
東武博物館に行く
 すごくお久しぶりです。実は最近仕事が忙しかったり、入院したり、家を買ったり波乱万丈な日々で、全くblogを書く余裕がありませんでした(そして問題はまだほとんど片付いていない)。

 そんな中で、最近我が家でブームなのが「東武博物館」なのです。
a0008202_1202626.jpg

 東武博物館は名前の通り東武電鉄の博物館。行ってみるまでは小さな鉄道博物館とあなどっていたのですが、行ってみたらすっかり気に入ってしまいました。(そして2ヶ月くらいの間に3回も行ったw)

(続きを読む)
[PR]
# by r34_gtt | 2014-07-24 10:02 | 活動(鉄) | Comments(0)
鉄コレ:広島電鉄1000形LEX
a0008202_23434023.jpg

a0008202_23433430.jpg

 先日、お仕事で広島に行ってきました。まさにその日、通販なしの広電オリジナル鉄道コレクション 広島電鉄1000形(1003号 GREEN MOVER LEX)の発売の日だったので、これ幸いと購入してきました。
a0008202_235442100.jpg

a0008202_23431870.jpg
(クリックすると大きくなります)

 そういえば最近鉄コレ買っていませんでした。物の出来としては、すごくいいというわけでもなく、特に前面周りはアラも見受けられますが、全体的には実車の印象を良く捉えています。
a0008202_23432018.jpg

 2014年6月に一般発売されるLEXとは色違いの鉄道コレクション「広島電鉄1000形(1002号ピッコラ)」の説明に書いてあるように、パンタグラフは製品付属の固定式からC-PS27に交換することが可能です。対応動力TM-LRT03 3連接車Bもその時発売とのことですが、定価3,600円(税抜)は結構高いな…
a0008202_23432371.jpg

 なんとなく先頭車を分解してみました。ライト点灯化はとっても難しそうですw
[PR]
# by r34_gtt | 2014-03-14 00:16 | 活動(鉄) | Comments(0)
百均ランタンをベースに非常用ランタン(3)
(百均ランタンをベースに非常用ランタン(1), (2)の続きです)

 2号機ではHT7733Aが想定以上に安定した出力を出してくれたため、抵抗1本の電流制限でとりあえずモノにしました。
 しかし、HT7733Aは入力電圧の低下に伴って少しずつ出力電圧が下がる傾向にあるため、わずか12Ωの抵抗ではこの電圧低下に伴うLEDへの入力電流の変化は大きいです。

 例えばLEDのVfを2.8Vとすると、出力電圧が3.3Vの時、入力電流は41.6mAとなりますが、3.2Vになると33.3mAとなります(実際は電流が減少するとVfも下がるのでもう少し流れます)。

 これは必ずしも悪いことばかりではなく、「電池が弱ってきたら消費電流も減るので電池の長持ちにもつながる」と言えますが、技術的にはLEDのVfギリギリになっても電流を保つ、すなわち低ドロップ定電流回路を目指したいところです。
 ネットを探したところ、VIC's D.I.Y. 1歩進んだ日曜大工さんのところのコンパクトLEDライトという記事の中でオペアンプを使用した低ドロップ定電流回路を作成されていました。

 この回路は低Vcesatの2SD1616を使用して極めて低ドロップの定電流回路となっています。さっそく作ってみました。電流検知抵抗は欲張って0.1Ω、基準電圧生成抵抗は47Ωで47mAの出力を目指しました。
a0008202_1381594.png

a0008202_129012.png

 うん。安定している。が、電流検知抵抗が精度の低いカーボン抵抗のせいか、予定よりちょっと電流が多くなってしまった。しかし、60mA時のNSSW157TのVfは2.8V強に対し、2.9V入力時でも60mAを保っているのは素晴らしい。

 2号機の電流制限を抵抗からこの定電流回路に変更しました。実用上何が変わるというわけでもないですが、こういうところをコントロールできるのが自作の醍醐味ではないでしょうか。
a0008202_23583189.jpg

[PR]
# by r34_gtt | 2014-02-06 00:24 | 活動(電気) | Comments(0)
ブラウンの電動歯ブラシのバッテリー交換(D17525)
 最近、家族全員で(そして決まって俺が最後)風邪やノロにかかってぐったりしています。

 さて、もう7, 8年は使っているブラウンの電動歯ブラシD17525が充電しても元気がなくなってしまいました。
a0008202_23485531.jpg

 長いこと使っているので寿命としてもいいような気がしますが、充電池を替えて元気が復活すればもうけものと考えて電池を交換してみることにしました。ゴソゴソと検索してみると、たぶん同じモデルの充電池を交換している動画がありました。
 
 Replacing the battery in a Braun Electric Toothbrush(YouTube)
 
 また、ブラウン電動歯ブラシの電池交換(オーラルB プロフェッショナルケア D195352)あなたと写真と音楽と)のページでも似たような交換をされている。

 上記2例ではまっとうに4/5Aという元のバッテリーと同規格のバッテリーに交換しているが、「普通に毎日充電していればそこまで容量はいらんやろ」と判断して、千石電商で1本180円で買える単4タブ付ニッケル水素電池に交換することにした。(4/5Aと単4は長さが1mmしか変わらない)

a0008202_2349137.jpg

 分解自体は製品の説明書にも載っているが、歯ブラシを充電器に差して反時計回りに回すと底が外れる。底からは非接触充電のためのワイヤが伸びているので切らないように要注意。さらに先端を力を入れて押すと本体の内部を取り出すことができる。

a0008202_23503791.jpg
(クリックすると大きくなります)

 そのままで電池を外すのはやや困難なので、モーター端子のはんだ付けを外し、ひっかりの爪を押してモーターと電池/基板部を分離する。

a0008202_2352123.jpg
(クリックすると大きくなります)

 元の電池のタブを外す。上側のタブは比較的容易にはんだ付けを外すことができるが、下側は半田ごてが入りにくかったので、タブを切って取り外した。
 黄緑色のが新しい電池。容量は半分以下。新しい電池のタブの長さ、太さをニッパーで適度にカットして調整してはんだ付け。

a0008202_2354928.jpg

 スカスカですw しかししっかりと片側に寄せてはんだ付けしているのでブラブラしたりしません。
 元に戻せば出来上がり。何回か充電すると元の力強さを取り戻しました。
[PR]
# by r34_gtt | 2013-12-16 23:58 | 活動(電気) | Comments(0)
百均ランタンをベースに非常用ランタン(2)
百均ランタンをベースに非常用ランタン(1)の続きです)

 シンプルにまとめた1号機はシンプルな割にまずまずの性能でしたが、より効率の向上を目指して2号機を作ってみます。と言うか、もっと作るように指示が下りました。

 DCコンバータは安価な3.3V DCコンバータであるHOLTEK HT7733Aを使ってみることにしました。HT77xxシリーズはうまく使わないとデータシートに載っているような出力を得られないことで知られていますが、100mA出力の場合、2V入力時に3.25V、1.2V入力時に3.12Vの出力電圧となっています。

 HT77xxシリーズのアプリケーションノートを見ると、高効率を目指すなら次のようにしろと(かなり好き勝手に)書いてあります。
 (1) インダクタは47uHが適当。直流抵抗が20mΩ(おそらく200mΩの誤り <なぜならアプリケーションノート中で挙げられているCDR125の47uH品は120mΩだし)以下の物
 (2) 入出力のコンデンサは低ESRの積セラなどが良い。47uF程度
 (3) 出力ダイオードはSBDでVfが0.3V以下の物
 (4) 上記のすべての部品を可能な限り近づけろ。ただしインダクタとの配線はHT77xxの下を引き回してはいけない

 何はともあれ、とりあえず形にして特性を見てみます。インダクタは秋月で買った47uH、2.1A、75mΩのもの、入出力コンデンサはそれぞれ10uF積セラを3個ずつ(出力には0.1uFを1個追加)、出力ダイオードは11EQS04を使いました。
a0008202_0331885.jpg

 また(4)を実現するためにHT7733Aを中心にして可能な限り近づけて配線しました。このためインダクタは基板の裏側となりました(画像中の薄い丸の位置)。はんだ付けがきちゃないけど、試作なので許してください。

 さて、早速特性を見てみます。33Ω抵抗を負荷(3.3V出力時に100mA)にして、0.7~2.0Vまで入力電圧を変えてみました。
a0008202_0375380.png

 リップルのせいか、それとも部品が良かったのか(インダクタの直流抵抗が小さいのが効いたか?)、データシートより高めに出ましたし、出力も安定しています。試作のつもりでしたがこのまま使いましょう(えっ?)。

 思ったより安定した出力なので、とりあえず簡単に抵抗での電流制限でモノにします。12Ωを使って40mA程度を狙いました。LEDは1号機と同じ日亜NSSW157Tです。せっかく工作したのに製品付属の得体の知れない白色LEDなんか使うのはもったいないです。
a0008202_2451659.png

 どうもったいないかはブログ:居酒屋ガレージ日記・まとめ2さんのところの●白色LEDの劣化 (連続通電して寿命を検証してみる)という素晴らしい記録があります。ほかの記録も合わせ、こういう身を張った実験結果は本当に貴重です。

 あとはちゃっちゃっとはんだ付けしてまとめていくだけです。LEDを取り付ける基板は、生基板を切ったものに変更しました。チップLEDで製品の基板を流用すると裏側に漏れる光がもったいないので。
a0008202_122159.jpg

a0008202_125442.jpg


 一応完成した姿です。写真を撮るために1号機の時にも出てきた2本で解放電圧が1V、使用時0.3Vの弱り切った電池に再登場してもらいましたが、1号機より明るいです。
a0008202_125882.jpg

 お楽しみの効率測定結果ですが、新品のアルカリ電池を使用して測定したところ
  入力:3.07V、54.7mA
  DCコン出力:3.33V、42mA(その時LEDのVfは2.82V)
ということで、入力に対するDCコン出力効率は83%、LEDへの出力効率は70.5%とほぼ当初の想定通りに収まりました。
[PR]
# by r34_gtt | 2013-10-19 21:46 | 活動(電気) | Comments(0)
Kenwood M-616DVを買った(製品付属以外のスピーカーを使えるようにする)
 数か月前(このblogはネタが滞留しているので、数か月前の出来事をupしています)、長年使ってきたコンポR-SA7+DM-SA5が壊れてCDが聞けなくなってしまいました。たぶんピックアップの出力低下です。

 また修理すれば(過去の記録(1)(2))使えるでしょうが、15年以上使ってもうあちこちガタが来ていますし、発熱は多いですし、そろそろ引退してもらうことにしました。

 用途としては主に子供のCD再生ですが、新しくするなら子供のDVD再生にも使いたいし、USBストレージやiPodと連携できて欲しい。音質命な用途ではないので手ごろな値段の物を探していると、Kenwood M-616DVが在庫処分で新渡戸稲造さんくらいの値段になってしまっていました(最近もオクで安価にちょろちょろ出てきますね)。

 新渡戸さんくらいの値段にしてはやたら機能が充実しています。
 ・CD, DVD再生
 ・iPodドック付
 ・USBストレージ用端子付
 ・USBストレージ、CD-ROM、CD-R/RW、DVD±R/RWメディア内のMP3、WMA(DRM非対応)、MPEG1/2、DivX、JPEGなどの音声、動画、静止画ファイルを再生可能

 こんな値段でこんないろいろできていいのかねぇ。早速ポチしてやってきましたが。。。
a0008202_23582833.jpg

 事前に分かっていましたが、スピーカー端子はコネクタ差込式でこれは困ります。今のBOSE 214はそのまま使いたい。製品のスピーカーケーブルをぶった切ってもいいのですが、買ったばかりだとちょっと。
 でも、このコネクタ、なんか見たことあるぞ…
a0008202_011588.jpg

 似てる!(PC内部の電源コネクタ) 
a0008202_044851.jpg

 ジャストフィット! ちょうど4個コネクタピンを取れるところもすばらしい! このPC電源用コネクタならいくらでも手に入るので、こいつを切って今まで使っていたスピーカーケーブルにはんだ付け。
a0008202_07870.jpg

 コネクタピンの金属部分が見えていますが、まずショートの恐れはないのでいいでしょう。後で熱収縮チューブくらいかぶせます。

 M-616DV自体はリモコンが小さいのがちょっと意味不明ですが、普通に使えます。音もいたって普通です。でも前のR-SA7のように十ウン年もの寿命はないんでしょうね。
[PR]
# by r34_gtt | 2013-10-11 00:11 | 買い物 | Comments(0)