KATO スハフ42
 今日旅行から帰ってきました。ただいま。旅行のことは明日以降においおい書くとして、その前にこれを。構造などは各所で紹介されているので略。疲れているので許してくださいw
 まずはテールライトユニットをいじります。
a0008202_22261916.jpg
 いつもの常点灯化改造です。例によってこのタイプの基板の場合、基板の上下のスペースが極端に無いので、基板に穴を開けてCRDやダイオードが飛び出す量を削減しています。CRDは5.6mA。
a0008202_2228959.jpg
 それでも若干床板に当たるので、リューターでほんのりと掘って接触を避けます。ところで、この床板の色、ヤクルトの工場に工場見学に行くともらえたヤクルト・ジョアの殻で作った定規を思い出しますw
a0008202_2230151.jpg
 シートには濃い青を塗り、室内灯はいつもの自作室内灯(ただしLEDは電球色)です。
a0008202_22322840.jpg
(クリックすると大きくなります)

 こんな感じになりました。つながっているのは旧製品のオハ47ですが、車体自体の違和感はほとんどありません。ベンチレーターだけですね。
 ただ、今回ブルーのが欲しかったのですが、各所で瞬間的に売れてしまい買えませんでした orz 最近は再生産をマメに行なってくれるようになったので期待して待ってます。
[PR]
by r34_gtt | 2006-05-02 22:35 | 活動(鉄) | Comments(0)


<< バスコレ第8弾 新デジカメで電車を撮ってみる >>