人気ブログランキング |
春の北海道(その3)
 やたら安いが、昭和のかほりがする宿wでぐっすり眠り、「今日はどうしようかな~ 池田町にでもステーキ食べに行こうかな~」と考えながら窓を開けて一服しようとするとそこには!



a0008202_21193867.jpg
 こ、これは…雪!! まぁ、みぞれかもしれんが、とにかく寒い。かなりテンション↓ しかもあったかいと思っていたので冬の服なんて持ってきてない。どうしよう…
 とにかく、帯広でやろうと思っていた課題をこなすために、駅から歩いて3、4分くらいの六花亭 本店に向かう。
a0008202_21243992.jpg
 はい、本店。わざわざ本店に来たのは近いからだけではない。
a0008202_21264915.jpg
(クリックすると大きくなります >のんのんさんへw)

 本店では通常の六花亭のお菓子に加え、このようにケーキも売っているのです。今気づいたが、ケーキはシンプルでうまそうでしかも安い。チーズケーキ130円!! が、人々がひときわ集まるのはこのコーナー。
a0008202_21291552.jpg
 本店限定(一部の直営店舗でも売っているらしい)、賞味期限当日中、3時間以内に食べること推奨のサクサクパイ! 3時間って…^^; 2階の喫茶が10:30から開くので、コーヒーと共にサクサクパイを頂きます。
a0008202_21323387.jpg
(クリックすると大きくなります)

 うーん。ウマイ。お菓子としては見たまんま。筒状のパイにクリームが入っております。パイの層一枚一枚がうすーい感じで、本当にさくさくです。確かにこれはすぐしけってしまうので、お土産屋さんには出せないでしょう。クリームも合わせてフレッシュな感じ。バニラビーンズも効いております。これで125円。1個1個紙袋で包んで売ってくれるのもうれしい。すばらすい。
 そして返す足で駅前の「ぱんちょう」というお店に向かう。豚丼といえば!という感じの有名店らしい。昨日着いた時にはもう閉店していたのだ。11時の開店直後に入ったが、すぐに満席。
a0008202_2140395.jpg
(クリックすると大きくなります)

 昨日食べたお店には悪いですが、こっちのほうがおいすい~ 味の基本はやはり焼鳥風の豚が乗っているのですが、肉はやわらかく、味付けは下品でなく(違いを表現するなら「市販の焼鳥のたれ」と「手作りの焼鳥のたれ」の違いのように感じる)、こっちのほうがうまい!
a0008202_21432546.jpg
 気温は2℃… 薄いがフリース持ってきていてよかった。。。
a0008202_21442465.jpg
 桜はきれいに咲いています。もうワケがわかりません orz
 しばらくプラプラしていましたが、雪から雨に変わっても寒いのには変わりが無いので、予定を切り上げて早く帰ることにしました。くやしい。。。
a0008202_21481089.jpg
 14:53帯広発のスーパーおおぞら8号。初めて乗る283系です。
a0008202_21515419.jpg

a0008202_21525841.jpg
 JR北海道の特急のかなりの車種ではこの先頭部に展望窓?wがあり、鉄分の多い人間にとってたまらない空間になっております。
a0008202_21553676.jpg
 予定より早く帰ることになったくやしさを噛みしめながら、展望窓に張り付いております。乗っている人が少ないので、ほとんど誰も来ませんでした。
a0008202_21561963.jpg
 さっき買ってきたサクサクパイも傷心をなぐさめてくれますw 283系はさすがに豪快な加速で、かなり乗り鉄を楽しめます。乗り心地が良いというわけでは決してありませんが…^^;
a0008202_21581549.jpg
(クリックすると大きくなります)

 皮肉なことに、空港の近くの南千歳まで来ると、快晴としか言いようのない天気になっていました。ちくしょ~、また来たる!(仕事以外でw)
a0008202_2213366.jpg
 相変わらず「じゃがポックル」は買えない。こんなチラシが空港の案内所で配られていますw

 今回のお土産(自分への)
a0008202_2245022.jpg

a0008202_225590.jpg
 特大縞ほっけと、巨大(半身)鮭とばw
a0008202_2272698.jpg
 789系チョロQと木彫り熊風チョロQ(w 両方とも10円玉でウイリーしないのは問題だと思いますw
 そして…
a0008202_22103260.jpg
 密輸wしてきたサクサクパイ。連れとおいしくいただきましたが、やはりサクサク感が~ やっぱり現地ですね。
(おわり)
by r34_gtt | 2006-05-17 22:11 |


<< ホテル日航東京「テラス・オン・... 春の北海道(その2) >>