TOMIX オハ61系 ドアを引っ込める
 既に超有名サイトNゲージ蒸気機関車さまのところで紹介されているオハフ61のドアを深くする加工をやってみました。
 手をつけたのは、オハユニ61の乗務員室扉です。ここのドアは基本的に交換対象のドアではないと思いますが、ここもちゃんと外れます。加工は上記サイトと全く同じです。
a0008202_21312679.jpg
(クリックすると大きくなります)

 自分の腕に自信は無いので、マスキングテープを使って防御しながら切り抜きました。この後、きれいに周囲を削らないとドアが入りません。
a0008202_21362299.jpg
 ドア深さは、KATO マニ60を参考にして、深さ1mmとしました。1mm厚のプラ板を使って深さを決定します。
a0008202_21372912.jpg
(クリックすると大きくなります)

 加工後の姿です。左から未加工オハニ61、加工済オハユニ61、KATO マニ60です。微妙な差ですが、実際に手にとるとちゃんと効果はあると言えます。
[PR]
by r34_gtt | 2009-01-12 21:40 | 活動(鉄) | Comments(0)


<< マイクロエース 303系 室内... TOMIX オハ61系 >>